SDGsの取り組み

SDGs Purpose

持続可能な開発目標SDGsとは

持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載されている国際目標です。
2030年までに持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。
シュライン物流は、国連が提唱する「持続可能な開発目標」に賛同し、持続可能な社会の実現に向けて事業を展開していきます。

シュライン物流のSDGsの取り組み

インナー教育の推進

インナー教育の推進

経営理念として掲げている「我社は輸送の安全を追求し、究極の安全を達成する」を目的に、教育や働きがいを提供していきます。

  • ・「安全第一」の意識、行動面での徹底
  • ・「当たり前五訓」の自分事化
  • ・OJT による技術、知識の伝承
  • ・SDGs CSV という意識付け(エコドライブ、食品ロス、資源の節約等)

ダイバーシティの促進

ダイバーシティの促進

シュライン物流では、年齢性別や立場に関わらず、すべての人が活躍できる社会の実現を目指し、女性・高齢者・障がい者・外国人などの採用に取り組んでいきます。

  • ・女性、高齢者、障がい者、外国人採用の活性化
  • ・女性の管理職登用
  • ・誰もが働きやすい職場環境つくり

環境を考えたモノの積極購入

環境を考えたモノの積極購入

太陽光発電事業をはじめ、消耗品やトラックの仕様に至るまで「グリーン購入」に取り組んだり、エコドライブを心掛けることで消費燃料を減らすなど、物流会社として環境への負担を徹底的に減らしています。

  • ・太陽光発電事業の実施
  • ・グリーン購入の促進
  • ・クリーンエネルギーの採用

クライアントからの信頼性強化

クライアントからの信頼性強化

シュライン物流は、クライアントファーストを現場の個々の判断とチームワークで実現しています。このような取り組みにより、地域の暮らしに欠かせない「物の流れ」を運送事業から倉庫事業まで、一連で支えていきます。

  • ・要請に応える現場システム作り
  • ・他者との協業の促進

大切なものの、大切さが損われることなく、
待つ人のもとへと届く「安心」を提供し続ける

わたしたちは、SDGsの目標に取り組み続けることで、
地域の暮らしに欠かせない「物の流れ」を支え、
地域の「食生活の維持・発展」に貢献し続けます。

Helpful for Life世の中に、笑顔を届け続けたい。

冷蔵・冷凍輸送のスペシャリストであるシュライン物流の使命、 
それは「物の流れを⽌めない」こと。 
だから私たちは、安全第⼀主義を徹底し、あらゆる安全を追求します。 
チームとしての団結⼒・柔軟な対応⼒で、荷主の要望と信頼に応えます。 
また、衛⽣や環境に対する強い意識を持って、⼈と地球に優しい物流を推進します。

暮らしに不可⽋な⾷品のその⼤切さが損なわれずに届く安⼼を、ずっと提供し続けたい。 
その届く安⼼を〝当たり前のしあわせ〟にして、暮らしのお役に⽴ち続けたい。 
「Helpful=役に⽴つ」という⾔葉はそのシンボルであり、信念です。 
私たちは物の価値以上の、とても⼤切なものも届けている。 
それは、安⼼であり、しあわせであり、すべてに通じる〝笑顔〟なんだという志を胸に。

シュライン物流は、世の中に、笑顔を届け続けます。

お気軽にお問い合わせ・ご応募ください!

採用専用のお電話はこちら!

0120-00-8314

【受付】9:00~17:00 原田/長坂

お問い合わせ専用のお電話はこちら!

0949-55-8270

【受付】9:00~17:00 原田/長坂

Webからのお問い合せ